正しいブラサイズの測り方|自分に合ったブラジャーの見つけ方をレクチャー!

正確なブラジャーのサイズはトップとアンダーの測り方にある

正しいブラサイズの測り方

婦人

トップ

トップとはバストの一番膨らみがある部分を指します。主に乳頭の位置がトップにあたります。このトップの測り方には主に2種類あります。腰を90度曲げたままの状態で測る方法と、ブラジャーをつけたまま測る方法です。腰を90度にして曲げて測る方法は、まずブラジャーを脱いだ状態で鏡の前に横向きになって立ちます。それから90度腰を曲げてメジャーを背中から回します。メジャーが綺麗に巻けているのか、トップに垂直になっているのか確認しましょう。それから、トップまでメジャーを回して測定します。立ったまま測ると重力で胸が下がってしまって実際のサイズより小さいカップになってしまいますので、腰を曲げた状態で測るようにしましょう。
次にブラジャーをつけたまま測る方法です。すでに胸が垂れている方や胸が大きい方はこちらの方法が正確に測れます。理由は胸の大きな方や垂れている方が腰を曲げてバストを測ると必要以上に重力によって下がってしまうので、実際よりかなり大きなバストサイズになります。なのでブラジャーをつけた状態で測ることをおすすめします。この時の注意点としては、ブラジャーのパッドを必ず外すことです。パッドがないことで正確にトップの位置が測れるからです。パッドを外したブラジャーをしたまま真っ直ぐに鏡の前に立ち、背中からメジャーを回してトップで計測します。この時に鏡の前で横向きになりメジャーが水平になっていることを確認しましょう。
どちらの方法もふんわり測るようにしてください。きつくすると小さなカップサイズになってしまい、胸が締め付けられてしまいます。

アンダー

アンダーはパッドを外したブラジャーを着けたまま、立った状態になって測りましょう。背筋をピンと伸ばし、足を閉じて力まずに立ちます。そして背中からメジャーを回してバストのすぐ下を測ります。この時にも鏡の前で横向きになり、メジャーが水平になっていることを確認しましょう。こちらもきつく測らないように注意してください。そしてメジャーが重なっているところの内側に1本指を入れ呼吸をします。息を吸った状態とはいた状態ではアンダーのサイズも変わります。吸った時にきつくないようであれば、それが正確なアンダーのサイズです。
トップとアンダーのサイズを測定したら、二つの長さの誤差でカップ数が決まります。10.0センチでAカップ、12.5センチでBカップ、15.0センチでCカップ、17.5センチでDカップ、20.0センチでEカップ、22.5センチでFカップになります。全て2.5センチずつ上がっていきます。